ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

なんで日本はパスサッカーを目指してるの?

なんで日本はパスサッカーを目指してるの?

 河童戦術:Football:
なんで日本はパスサッカーを目指してるの?

Football:


先日ツイッターで「日本人の特性を考えれば技術を生かしたパスサッカーという方向性は正しい」という言葉を見かけたのですが、どう考えても理解できなかったんですよね。そういうのって見方はいろいろあるのでどれが正解なのかというのはよくわからないのですがとりあえず自分の考えを書いてみます。


まず最初に。
パスサッカーってなんですか


これですが正直よくわかりません。想像するならば相手の守備ブロックをパス&ムーブを連動して繰り返すことで崩していき得点まで繋げることを主体にしたサッカーでしょうかね。つまり良く言えばペップのバルセロナ、悪く言えばザックの日本みたいなチームを指しているのでしょう。ただこれ、すっげえ難しいのです。

日本人はボールを扱う技術が上手だと言われています。たしかにパスの精度は高い方だと思いますし、トラップもプレッシャーが無ければ正確です。じゃあパスサッカーやろうかとなると、それだけではできません。

当然ですがパスというのは受ける味方がいて初めてパスを出せるのです。つまり適切な場所に適切なタイミングで適切な体の向きでボールを受ける準備のできている選手がいなければ出せません。日本人はそこがまだ発展途上だと思うのです。

例えば日本代表で香川真司が守備の間に入り込んでパスを受けたとします。問題はそのとき香川がパスを出せる選手が何人いるかってことで、瞬時にパスコースを見つけて動いてフリーになって受けれる状態となってる味方が1人や2人でパスサッカーなんて言ったら笑われるレベルかと。

もしそれがうまくいったら世界で勝てるチームになるかというと実はそうでもありません。当たり前ですけど相手は研究してきます。同じことばっかりやってても研究されたらもうスペシャルな選手がいない限り崩すことはかなり難しくなります。


じゃあどうすればいいのか


これはわりと簡単で「なんでもできる」ようになればいいのです。パスをこれでもかと繋ぐことで有名な川崎フロンターレですが、じゃあ川崎はパスばっかりやってるのかというとそんなことはありません。縦に速く鋭いカウンターからの得点もありますよね。また日本代表の重鎮でもある遠藤さんのいるガンバ大阪も同じで、パスばっかり繋いでいるかというとまったくそんなことは無いですよね。ガンバって基本はカウンターのチームですし。

つまり「パスサッカーを目指す」という考え方自体が間違っていると思うのです。パスが駄目ならドリブル突破で崩す。パスもドリブルも駄目なら放り込んでみる。そもそもボールを保持できないならみんなで守ってカウンターを仕掛ける。相手はどう攻めてきてどう守っているのか。それに対してこちらはどう対応するのか。


なんでもできるようになったら最高じゃないですか。


そもそもパスサッカーというのはどうも攻撃時のことを考えた言葉だと思われます。じゃあ守備はどうしましょうか。攻撃の話を語ることも大事ですが、それと同じくらい守備の話を語ることも必要かと。また理想的なのは「両方を繋げて話す」ことではないでしょうか。サッカーは野球のように攻撃と守備がわかれているわけではなく、両方が共存しているのです。サッカーを実際にやってみるとわかりますが試合って守りながら攻めて、攻めながら守っているのです。


最後に。


日本は歴史の中でこれまでに何度か世界を驚かせるようなサッカーをやってきました。そのときのサッカーを思い浮かべてみてください。パスサッカーやってましたか?

©河童戦術 2014 | VeeThemes