ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

日本代表新監督候補で「また断られた」とか報道されてるけどそれ全部が本当だと思う?

日本代表新監督候補で「また断られた」とか報道されてるけどそれ全部が本当だと思う?

 河童戦術:Football:
日本代表新監督候補で「また断られた」とか報道されてるけどそれ全部が本当だと思う?

Football:


日本協会 相次ぐ破談で代表監督絞り込み急ピッチ (スポニチアネックス
欧州では前イタリア代表監督のプランデッリ氏(57)、元イングランド代表監督のグレン・ホドル氏(57)との破談が報じられた。前インテル・ミラノ監督のマッツァーリ氏(53)もスポニチ本紙取材で日本協会の打診を断ったことが判明している。


ここ最近、メディアから「また日本協会が断られた」という報道が毎日毎日繰り返されているのですが、いつも「なんかおかしくないか?」と疑問があったので書いてみます。

まず、日本メディアの情報元はほとんどが「現地紙」であること。スポニチさんは自分たちでマッツァーリに取材したと書いておりますが...本当だと思いますか?

次にイタリアからの情報が多いこと。アギーレは直接的な原因ではないにしても、八百長疑惑で解任となったわけで。そこで次の監督を八百長とマフィアとピザの国イタリアから招聘しようとは普通思いませんよね。スペイン以上に真っ黒なイタリアの監督を呼んだときには、叩けば叩いた分だけ埃が出そうですし。ガセッタが暇なのか、もしくは日本+イタリアで思い浮かぶ悪意ある捏造で有名な日本在住外国人がいましたねそういえば。

というわけで個人的にはイタリアやスペインからの招集は無いと思ってます。日本へもたらしてくれるものが大きい人でも、今回は無いと思ってます。日本メディア的な言い方だと「八百長疑惑監督の後任に八百長疑惑監督招聘」となってしまうのはリスクが大きいでしょうし。

選手の移籍噂の時もよくあるのですが、身分照会や、もしくはただ情報がほしくて電話しただけで「コンタクトがあった!」なんて言ってるわけではないですよね?まさかねw


最後に。できれば「W杯指揮経験者」がいいですよね。これまで日本代表は5度のW杯本大会を経験していますが

1998W杯 GS敗退
岡田武史(初)

2002W杯 ベスト16
トルシエ(2回目)

2006W杯 GS敗退
ジーコ(初)

2010W杯 ベスト16
岡田武史(2回目)

2014W杯 GS敗退
ザッケローニ(初)

GSを突破できた時の監督は、どちらもW杯を経験した監督でした。ここでまたW杯指揮未経験の監督を連れてこられると、クラブでどんなに優秀な成績を収めている監督でも不安になってしまいます。というわけで、メディアのおもちゃにされないよう気をつけて情報を見守りたいと思うのでした。

©河童戦術 2014 | VeeThemes