ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

ファジアーノ岡山の発表について

ファジアーノ岡山の発表について

 河童戦術:Football:
ファジアーノ岡山の発表について

Football:


昨年も同様の発表をしていた岡山ですが、今季も選手がピッチ上で倒れていても試合を止めるかどうかの判断は審判へ委ねるとのこと。もしそういうときでも勝手にボールを外へだすことはせずに、プレーを続けることを発表しました。

お知らせとお願い : ファジアーノ岡山
2015シーズンを迎えるに当たって、引き続きファジアーノ岡山においては、レフェリーの存在をリスペクトし、また、アクチュアルプレーイングタイムを伸長するため、無用に選手がピッチに倒れていることがないよう、またそのような場合であっても無用にボールを外に蹴り出すことなく、プレーを継続したいと考えています。

この発表で注目するところですが、「選手がピッチに倒れている場合であっても、原則としてボールを外に蹴り出しません。」というところは理解できるとして、注目するポイントは「セルフジャッジにより相手チームがボールを蹴り出した場合であっても、レフェリーのケガに対する判断をリスペクトする意味から、原則としてボールを相手に返さずプレーを継続いたします。」というところでしょうか。

つまり岡山と対戦するチームは、誰かが倒れているからと外へボールを出してもボールは返ってこないということ。

Jリーグの統一見解として出しているのであれば問題ないのでしょうけど、岡山だけがセルフジャッジの判断を発表しているという状態。個人的にはJリーグ全体で統一してもいい案件だとは思うのですが、今後はどうなるのでしょう・・・

©河童戦術 2014 | VeeThemes