ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

いつまでも あると思うな 遠藤保仁【日本vsパレスチナ採点】

いつまでも あると思うな 遠藤保仁【日本vsパレスチナ採点】

 河童戦術:Football:
いつまでも あると思うな 遠藤保仁【日本vsパレスチナ採点】

Football:


4-0と初戦の難しさからはかけ離れた大差で勝利したアジアカップ初戦の採点をやってみます。正直なところ相手の強度などの関係もあって、この試合で評価するのは適切ではない気もするのですが、とりあえず点数を付けてみます。


川島永嗣 5.5

ほとんど決定的なピンチがなかったため評価自体が難しいのですが、クロスに対しての処理でひとつだけ危ないミスがありました。それだけしか本当に見るポイントがなかった...あと、彼を超えるほどのGKが日本にいないことは、世界で戦う日本代表にとって不安材料となる日が近いかも。

森重真人 6.0

ポジショニングや対人のパフォーマンスでは特に問題なくプレイできていたと思います。ただ、攻撃のスイッチを入れるような、速くて正確な縦パスというのはあまり見られません。今どきのCBは守れるだけでは物足りなくなってきていて、プラスアルファをどれだけ表現できるのか。そういう武器は持っていると思うので、これから徐々に代表でも森重らしさを見せてほしいところ。

吉田麻也 6.0

あの強風のなか、左足のアウトサイドキックで前線へロングフィードを出しちゃうオシャレな吉田さん。岡田ジャパン時代の闘莉王レベルの統率力を身に着けることができるのか。もう若手だった時代は過ぎ、吉田が最終ラインを背負って立つ時代になりました。リーダーシップに期待。

酒井高徳 5.0

前半に守備で致命的なミスをひとつだけやらかしました。相手が強くなるほど、そのたったひとつのミスでチームが負けることに繋がります。とにかくそういうリスクマネジメントがまだまだ未熟。もっと安全第一でプレイできれば安定感が出るのでしょうけど、その部分ではまったくもって駄目です。あと、攻撃時に中途半端なポジショニングになってしまったのは、彼だけの責任ではありません。ウィングの本田の動き方がおかしかったのです。ただそこは今後修正されていくと思います。

長友佑都 6.0

いくつか攻め上がりのタイミングを間違えて裏にスペースを作ってしまっていましたが、前の左ウィングが3回も変わったので、彼としては難しい試合だったかと。走り回ってミスを帳消しにできるのは相手が弱いからです。長友としては、正直はやく左ウィングで固定した選手が現れてほしいのでは。おそらく今大会では乾。右の高徳もそうですが、SBの出来はウィングで左右される部分もあります。

長谷部誠 6.5

攻撃時では最終ラインに加わって展開に参加。守備時ではCB前に陣取って侵入してくる敵を潰す役目。ハイボールに強い相手が対面となったときは少し不安ではありますが、この試合では、アギーレジャパンで一番重要なポジションをしっかりこなせていたと思います。ただ、前線へのフィードがあまり正確ではなかったことが少し気になりました。あと、長谷部が守備時に釣りだされた時のカバーをどうするのか。そこは今後チームとして解決していかなければならない課題のひとつかと。

遠藤保仁 8.0

個人的にこの試合のMOMはヤットさんです。遠藤のいる日本代表と遠藤のいない日本代表があまりにも違いすぎて今後が不安になってしまうほど重要な存在。それでもやっぱり彼にいつまでも頼るわけにはいかず、おそらく遠藤が招集されるのはアジアカップまでだと思います。もし次に呼ばれることがあるとすれば、W杯アジア予選で日本が苦境に立たされたときでは。「脱・遠藤」が今後の日本代表のテーマとなることは間違いなさそうです。

香川真司 7.0

これまで日本代表でプレイしていた位置よりも1列下がった香川真司。あくまでも主役が遠藤だったため、特に前半はそれほどチームの歯車として機能はできなかったかと。それでも要所で香川らしさを発揮し、チームの勝利に貢献しました。いまはまだ見えてはいませんが、「香川が前を向いたときに周りが走ってる」という状態が生まれてくれば、新しい香川真司が見られるかもしれません。特に岡崎が香川へ「俺を見ろ」と主張するようになってくれれば面白い。

本田圭佑 5.0

おそらくアギーレ体制になってから「一番」出来が悪かったと思います。ウィングという役目だったのだが、ほとんど幅や時間を作ることもできず、なによりフリーになっている状況が少なすぎた。あと、高徳が中途半端なポジショニングになってしまったのは、本田のプレイが影響していたかと。ただし、この試合の本田は褒められた出来ではなかったのですが、今後はすぐにでも改善されるかと思います。彼に関してはあまり心配はしていない。

乾貴士 5.5

今大会の日本代表で、個人的に一番の覚醒をすると予想しているのが乾。この試合は前半だけの出場となったのだが、それほど悪かったとは思わない。まあ無難。次の試合も先発で出場するのかはわかりませんが、ぜひ彼に注目して観ててください。きっと今大会中に覚醒すると思います。河童の予言は外れることも多いのですが、当たることもわりと多いので。

岡崎慎司 7.5

彼がいちばん前になってから、日本代表はまた「走る」チームになりました。4年前のアジアカップの試合を最近見たのですが、やっぱり前田はすごかった。彼が代表に呼ばれなくなってから少しずつおかしくなっていった感があったのですが、岡崎がCFで使われるようになり、また「日本らしい」サッカーが近づいてきたと思います。なんかキャラで損している気もするのですが、間違いなく現在の日本で最強のストライカーかと。そして現在の日本で最強のファーストディフェンダーかと。ザキオカ半端ないって。

清武弘嗣 5.5

後半の最初に左ウィングのポジションへはいったのですが、なぜか動きが謎でした。まるでウィングっぽくない。その後武藤くんが入り、インサイドハーフへ移動してからは無難なプレイをしていましたが...あれはなんだったんだろう。新しいオプションなのか、ただのミスなのか...

武藤嘉紀 5.0

かなり微妙。あれなら別に武藤くんじゃなくてもできる。自分の武器を日本代表で遠慮なく発揮できるようになって初めて「戦力」となるわけで。これは自分の妄想ですけど、武藤くんはちょっとお疲れなのかなと。身体は若いし動くかもしれないけど、初めて1年間フルにシーズンを戦ったあとで、メンタルが疲れてるように見えました。今後に期待。

豊田陽平 --

特になし。


中盤で細かいミスがあったり、高徳が目立たないけどやらかしてたり、その他いくつか「おいしっかりしろ」と言いたくなるようなプレイもありましたが、相手とのレベル差もあったので、まずは「初戦を無難に勝利した」ことを喜びたいと思います。なによりそれが大事なことなので。いきなり初戦でピークを迎えるようなコンディション調整はしてないと思いますし。逆に、今が底。ここからどんどん良くなっていくはず。

©河童戦術 2014 | VeeThemes