ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

【twitter】ツイッター検索で使える便利な裏技。条件絞り込みなど

【twitter】ツイッター検索で使える便利な裏技。条件絞り込みなど

 河童戦術:tool:
【twitter】ツイッター検索で使える便利な裏技。条件絞り込みなど

tool:


ツイッター(twitter)に住んでるわけではないけど、わりとそうなんじゃないかと思われている気がする河童さんが以前から使っているツイッターで便利な裏技を小出しにしていこうと思います。

一応最初に言っておきますが、あくまでメモ程度なので深く突っ込まれても困ります。専門用語を駆使して論破しようとはしないでください。けど、どう見てもおかしいところがありましたら是非ツイッターでご連絡を。

で。今回の小技ですが。

実はこのブログでもたまに使っていますが「検索ツイートにフィルタをかける」方法を書いてみようかなと。これ。わりと便利です。特にツイートウィジェットを作るときなんてほぼ毎回使ってます。


ツイッター検索画面はこちら


(例)30RT以上


これは「55ft」という検索ワードに「30RT以上のみ」というフィルタをかけています。この場合、入力欄には「55ft min_retweets:30」「(検索ワード)(半角スペース)(フィルタ指定:○○以上)」と書きます。そのほかにはどのようなフィルタがあるのかというと・・・

min_retweets:○○(○○RT以上)
min_faves:○○(○○ふぁぼ以上)
min_replies:○○(○○以上リプライのある)

これは「55ft min_retweets:1 min_faves:1」のように複数を同時に指定することができます。「(55ft)というワードで1RT以上かつ1FAV以上」ということですね。


(例)画像か動画が添付されたツイート


これは「#コミュサカ」という検索ワードに「画像もしくは動画が添付されたツイート」というフィルタをかけています(プラス1RT以上かつ1FAV以上もつけてます)。入力欄には「#コミュサカ (filter:images OR filter:videos) min_retweets:1 min_faves:1」と書いてます。これもいろいろな指定の仕方がありまして・・・

(filter:images) 『画像添付ツイート』
(filter:videos) 『動画添付ツイート』
(filter:images OR filter:videos) 『画像もしくは動画』
filter:links 『なにかしらリンクが貼られている』

基本的には最初に検索ワードを入力して、半角スペースで区切りながら指定するフィルタ条件を追加していく感じです。これを使うようになると、かなりの精度で見つけたい情報が手に入ったりします。たぶん。


で。実は。まだまだあります。


「55ft -河童」ということもできるのです。わかりますかね。マイナスがついてます。これは、「検索ワード」「半角スペース」「-」「除外ワード」です。つまり「55ft」というワード検索をしたなかで「河童」と書いてあるツイートは除くということ。


淡々と続けます。


「55ft lang:ja」これは言語指定ですね。「ja」は日本語のみってことです。英語なら「en」とか。ドイツ語なら「de」とか。


「55ft exclude:nativeretweets exclude:retweets」ちょっと長いんですけど、これはよく使います。意味は「リツイートは除く」です。元ツイートは除外されません。検索をしているとよくあるんですが、ツイートがリツイされると、ダブって表示されることがあります。ならないクライアントもありますが。もしダブったりして邪魔だなあというときはぜひおすすめ。


「55ft from:39ft」これは「39ft」というアカウントが「55ft」とつぶやいたツイートということですね。人で指定するということ。


「55ft near:東京 within:100km」これはほとんど使ったことはありません。位置情報をオンにしている方のツイートで居場所とそこからの距離で絞り込みができるということ。まあなんとなく理解していただければ。


「55ft until:2014-12-15」これもあまり使いません。untilは日付指定です。指定した日付より前のツイートでってことです。sinceという使い方もあります。指定した日付より後のってことです。


最後に小ネタ。URLのお話なんですけど、実はわざわざツイッターの画面を開かなくても直接URLで

https://twitter.com/search?q=(検索ワード)

と、=に続けてワードを入れるとツイッターの検索画面に飛びます。まあそれだけのことですがw


とまあ今回はこれくらいにしておこうかと思います。ハッシュタグを検索するときなんかはきっとお役に立つと信じています。「使えねえ」などの文句があってもそっと胸にしまっておいてください。こちらの心が折れますので。では。


©河童戦術 2014 | VeeThemes