ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

シャビ「僕が1月に日本へ移籍するって?絶対に無い。監督と約束したしどこにも行かないよ」

シャビ「僕が1月に日本へ移籍するって?絶対に無い。監督と約束したしどこにも行かないよ」

 河童戦術:河童論:
シャビ「僕が1月に日本へ移籍するって?絶対に無い。監督と約束したしどこにも行かないよ」

河童論:


11月4日
東京が世界最高パサー、シャビ獲得目指す - J1ニュース : nikkansports.com
 東京が元スペイン代表MFシャビ(34=バルセロナ)の獲得を目指し水面下で動いていることが3日、分かった。大物助っ人外国人を複数リストアップし、その中でパスサッカーのスペシャリストが浮上している。代理人などを通じて交渉に入る。オランダ代表MFスナイダー(30=ガラタサライ)もリストに挙がり、C大阪FWフォルラン(35)に続く世界的ビッグネームどりへの動きは今後、本格化する。来季日本代表FW武藤嘉紀(22)との夢のコラボが、Jリーグで見られるかもしれない。

11月5日
東京がシャビ側と近日交渉へ - J1ニュース : nikkansports.com
 元スペイン代表MFシャビ(34=バルセロナ)の獲得を目指している東京が、近日中にも交渉に入ることが4日、分かった。複数のJリーグ関係者によると、来季獲得に向けてシャビ側の代理人など関係者と接触することになるという。来季からの獲得を狙う東京は、水面下で情報収集を行ってきたが、徐々に動きが本格化していく。

11月6日
東京シャビ獲り動いた、極秘でスペインへ - J1ニュース : nikkansports.com
 元スペイン代表MFシャビ(34=バルセロナ)獲得のため、東京の立石敬之強化部長(45)らが、極秘でスペインに向かったことが5日、分かった。シャビ側の代理人ら関係者との交渉に入るため、ついに本格的に動いた。右腕の石井豊強化担当(42)とともに異例の2人体制でスペイン入り。数日間、複数の案件を抱えるが、シャビ関係者と交渉の席を設ける。立石強化部長はシャビ獲得についての明言は避け「頑張ってきます」とだけ話し、機上の人となった。

まさか3日も連続でニッカンスポーツが記事を出すとは...最初は半信半疑だった話題でも、これだけプッシュされたら触れないわけにはいかない。ということで、シャビについての思い出を振り返ってみる。

まず、彼のプレーを最初に観たのは1999年のFIFAワールドユース決勝。日本vsスペインで、チームの要でもあった小野伸二を出場停止で欠いていた日本を、シャビを中心としたスペインが圧倒し優勝した。正直、そのときの感想は「この年代なら小野伸二の次にうまい選手」という印象だった。まあそのときの小野が半端なかったこともあって、たしかにうまいけど「小野なら彼よりも上」と日本人らしいことを当時は思っていた。

次にシャビを観たのはファンハールが率いるバルセロナでの試合。まだ若かった当時のシャビは現在ほどの存在感はなく、グアウディオラのパートナーという印象。あくまでも主役はペップだった。その後ペップが去ったあとは「なんかイニエスタっていう天才がバルサにいるらしい」と話題になり、シャビはバルサの主力ではあるものの自分は今ほどの存在感を感じてはいなかった。

しかし、デコが加入してからのシャビは強烈な印象が残っている。ライカールト政権のバルセロナでデコ、シャビ、イニエスタの中盤は強力だった。まあ前線がもっとすごかったんだけど...ロナウジーニョとか。メッシとか。エトーとか。グジョンセンなど。

そして。ついにシャビがバルセロナの中心となり頭脳となる時がくる。グアウディオラが監督に就任してからのバルサはシャビ中心のチームとなり、その才能を遺憾無く発揮するようになった。これまで1度もバロンドールを獲得したことのない選手だが、世界で一番サッカーがうまい選手は誰かと聞かれたとき「バルセロナのシャビ」と答えるひとは多いのではないだろうか。


そんなシャビがFC東京にやってくる....という夢のようなお話をニッカンスポーツさんが盛り上げてくれたわけですが。どうやら本人が「僕が1月に日本へ移籍するだって?真実ではないし、絶対に無い。監督とここに残るって約束したし、どこにも行かないよ」とコメントした模様。残念。まあ、こういう移籍の噂は面白半分に楽しむ心の広さで見るべきで「捏造だ!」と騒ぐところでもないかと。

けど...ま...まだわからんぞ...

©河童戦術 2014 | VeeThemes