ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

ブラジル相手に新戦力テストは是か非か。

ブラジル相手に新戦力テストは是か非か。

 河童戦術:ブラジル代表:河童論:日本代表:
ブラジル相手に新戦力テストは是か非か。

ブラジル代表:河童論:日本代表:


昨日のブラジル戦で、本田や長友といった「主力」をベンチに温存し、代表デビューなどの「新戦力」をテストしたことがいろいろと話題になっている。そこで出回っている記事をいろいろ拝見したが、賛否両論。ブラジルを相手に新戦力をテストするのは是か非か。

日本vsブラジル 試合後の選手コメント | ゲキサカ[講談社]
―ブラジルとは頻繁に対戦できないが、ここで試して良かったのか?
本田圭佑「それは一つの論だと思うけど、言い換えればブラジルだからこそ、テストになり得るということもある。考え方は両面があると思う」

強すぎるテスト色に困惑も…本田「監督は意図を持っているが」 | ゲキサカ[講談社]
日本のホームではなくシンガポールという中立地での戦いが完全なる“新顔のテスト”の場となったことに、FW本田圭佑(ミラン)は何とも言えない表情を浮かべるしかなかった。

「監督は、意図した計画を持って、アジア杯に向けて物事を進めているんでしょうけど、選手はやはりチャンスを与えられたからには、そこで結果を出せなかったのは残念のひと言です」

 煮え切らない言葉はその後も続いた。

「ブラジルだからこそテストになりえるということもある。考え方は両面があると思う。監督がそういう(テストという)ビジョンを持って進めていくのは当然だろう。でも、選手たちは勝ちたい。後半は自分も出て、何かしら結果を出したかったという気持ちはある」

 アギーレ監督の思惑を理解しようとしながらも、貴重なブラジル戦で「勝負」という土俵にすら上がれなかったことを嘆き、歯噛みしているような表情も浮かべた。

この記事は本当にひどい。まるで本田がアギーレのやり方に憤慨しているような文章のつくりかた。おそらく書いてるひとがアギーレのやり方に納得していないため、本田を「利用」して「さもアギーレが悪い」という印象を植え付けようとしている。最悪。


元川悦子の一蹴入魂:ブラジル戦をテストに使ったアギーレ監督の是非 (GOAL) - Yahoo!ニュース
途中出場の本田も「ベストメンバーで行くべきだったというのは一論で、言い換えればブラジルだからこそテストになり得るという考え方もある。初めて代表に呼ばれて、主力を代えて若手がブラジル戦に出るなんてそんな経験、自分が若い頃はまずさせてもらえなかった」とアギーレ流のテストについて前向きなコメントを残していた。

彼らの思惑通り、球際でタフに戦えた選手、そうでなかった選手は確かにいた。このゲームが今後の明確な線引き材料になるのは間違いなさそうだ。

ここはわりと前向きにとらえながらも「このブラジル戦をどう生かすのかを厳しい目で見ていく必要がある。」という最後の言葉にもあるように、とりあえずお手並み拝見といったところか。


ブラジル戦を若手のテストに使ったアギーレ監督 とんでもない名監督なのか? それとも非常識な人物なのか? : コラム | J SPORTS
若手選手を使いたいのなら、格下のジャマイカとのホームゲームで使うべきであり、世界最強の一角ブラジルとの試合は現時点での最強チームで戦うべきという意見も、当然あるだろう。いや、むしろ、そう考える方が常識だ。ブラジル相手に若い選手を使って叩きのめされたら、若い選手たちが立ち直れないようなダメージを受けるかもしれないと考えることもできる。

だが、アギーレ監督は、敢えてブラジル戦を若手のテストの場として使ったのである。若い選手を使っても、相手が弱くて、それなりに良い内容の試合をして、勝利を収めてしまう。それでは、その選手の本当の限界なり、本当の潜在能力を見極めることはできない。アギーレ監督は、そう考えたのではないだろうか。強い相手に完膚無きまでに叩きのめされる。そんな試合の中で、意気消沈したり、冷静さを失って何もできなくなってしまう選手。一方で、どんなにやられても、それなりに反発心を持ち、強い相手に対しても諦めずに何度でも仕掛けていける選手。そんな、選手の反応を見たかったのではないだろうか。

宿舎のホテルに帰ってからも、大敗を喫した試合の直後に選手たちが、どんなリアクションを見せるのか。アギーレ監督は、そんな選手たちの様子も観察することができる。アギーレ監督は、それが目的でこんな選手起用をしたのだろう。

「アギーレ監督のこういったやり方に賛成するか?という問いについては、僕は回答を留保させてもらいたい。」とのこと。これまでこういう監督が日本にいなかったので、この考えが一番無難なのかな?


そして河童さんの意見として。このブラジル戦で新戦力をテストするというのは、もちろん予想できていた。ウルグアイ戦からの流れをみれば当然ともいえる。


ブラジル戦のメンバーを見てから「このスタメンは予想外」と言ってしまうサッカーライターさんがいてびっくりしたけど...アギーレの狙いとしては後藤さんのコラムに書いてあったことが一番近いと感じた。

そしてこのやり方は「あり」だと思う。

毎回ブラジルと戦うときはテストしろということではなくてね。今の日本代表の状況をいろいろふまえると、こういう判断になるのは理解できるし、逆に貴重なブラジル戦でテストされた選手というのは、本当に将来有望なのかもしれない。

最後に。本田がよく言ってたけど「準備」って本当に大事だなあと。アギーレジャパンでチャンスを掴んだ選手と掴めなかった選手の一番の違いは「準備していたか」ではないだろうか。技術はもちろん大事だし、試合でのパフォーマンスも大事だけど、それ以外の部分もアギーレは見ているんでしょう。

さて。いよいよテストもあと2試合。

©河童戦術 2014 | VeeThemes