ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

山形公式「深くお詫び申し上げます。」長崎サポ「この謝罪を断固として拒否させて頂きます。」

山形公式「深くお詫び申し上げます。」長崎サポ「この謝罪を断固として拒否させて頂きます。」

 河童戦術:河童観:河童論:
山形公式「深くお詫び申し上げます。」長崎サポ「この謝罪を断固として拒否させて頂きます。」

河童観:河童論:


J2山形 サポーターの長崎選手への挑発行為を謝罪 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
 J2山形は11日、この日本拠地・NDソフトスタジアム山形で行われた長崎戦の試合後半に、サポーターが長崎選手に対する挑発的行為があったことを発表し、謝罪した。

2014Jリーグディビジョン2第36節 モンテディオ山形vs. V・ファーレン長崎におけるサポーターの行為について | モンテディオ山形 オフィシャルサイト
10月11日(土)にNDソフトスタジアム山形にて開催された、J2リーグ第36節 モンテディオ山形対V・ファーレン長崎戦の後半試合中にモンテディオ山形サポーターによる相手選手への挑発的行為がありました。

既に本件の行為者を特定し事実確認の上、本人に厳重注意を行いました。
試合を観戦されたみなさま、V・ファーレン長崎の関係者の方々に深くお詫び申し上げます。

みなさまが楽しく快適にスタジアムで観戦が出来るよう、モンテディオ山形はクラブ関係者、ならびにサポーターのみなさまにJリーグとクラブが共に掲げる「ソーシャル・フェアプレー」の実現に向けた活動を継続して進めてまいります。

ウルトラ長崎の考え|ULTRA NAGASAKI WEST END公式BLOG
10月11日(土)にNDソフトスタジアム山形にて開催された、J2リーグ第36節 モンテディオ山形対V・ファーレン長崎戦の後半試合中にモンテディオ山形サポーターによる相手選手への挑発的行為があったとのことで、モンテディオ山形より試合を観戦された方と、V・ファーレン長崎の関係者の方々に謝罪が発表されました。

我々ウルトラ長崎は、この謝罪を断固として拒否させて頂きます。
なぜなら、何も謝罪されるような行為はなかったと考えているからです。

「モンテディオ山形サポーターによる相手選手への挑発的行為があった」とのことですが、挑発行為のどこがいけないのでしょうか?

「みなさまが楽しく快適にスタジアムで観戦が出来るよう、モンテディオ山形はクラブ関係者、ならびにサポーターのみなさまにJリーグとクラブが共に掲げる「ソーシャル・フェアプレー」の実現に向けた活動を継続して進めてまいります。」とあります。
ソーシャル・フェアプレーとはなんでしょう?
・反社会的勢力との関係遮断。『暴力団等排除宣言』(2012年2月~)
・差別の根絶
・Jリーグとして社会的責任を果たす
だそうです。
挑発行為は、どれにも当たらないと思われます。

全文はこちら


©河童戦術 2014 | VeeThemes