ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

アギーレがブラジル戦で先発6人変更を明言。各選手のコメントなど

アギーレがブラジル戦で先発6人変更を明言。各選手のコメントなど

 河童戦術:河童観:日本代表:
アギーレがブラジル戦で先発6人変更を明言。各選手のコメントなど

河童観:日本代表:

10月14日(火)
19:00からTBSで放送
日本代表 vs ブラジル代表

先発6人変更を明言、ブラジル戦へアギーレ監督「運も味方に」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース
日本代表は13日、シンガポールのナショナルスタジアムで公式練習を行い、14日のブラジル戦に向けて最終調整した。練習後、公式会見に臨んだハビエル・アギーレ監督は10日のジャマイカ戦(1-0)から先発を6人変更する考えを明らかにした。

「世界トップクラスと言えるチームと対戦できることをうれしく思っている。(ブラジルには)国際的なスターがそろっている。自分たちにとっては素晴らしい経験になる。そして、自分たちの力を見せるために早く試合が始まってほしいと思っている」

田中、香川代役で「勝ちに行く。違うよさを出していきたい」 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース
脳振とうで離脱したMF香川に代わり、ブラジル戦に向けた練習で左MFに入った田中は、端正なマスクに大粒の汗を光らせた。

 「絶対に勝ちにいきますよ。出番が来たら(香川と)違うよさを出していきたい」

岡崎&川島が提案!ブラジル撃破3か条「勝つつもり」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
 〈1〉「少ないチャンスを決める」(岡崎)

 12年10月に対戦した時には、序盤に日本が主導権を握り、チャンスを作った。だが、そこで決められず、ブラジルに先制点を決められ、一気に寄り切られた。結果は0―4の完敗。その時の反省から、岡崎は「チャンスは必ず来る。そのシュートチャンスを決めなきゃいけない。それが自分の仕事」と言い聞かせた。

 〈2〉「攻撃陣にスキを与えるな」(川島)

 ブラジルには、FWネイマール、オスカルら世界トップクラスの攻撃陣が名を連ねる。「個の力が強いので、どれだけ個の部分でやらせないかが、大事」と川島。特にネイマールには要注意マークをつけ、「スキを与えれば、(シュートを)打ってくる」と警戒を呼びかけた。

 〈3〉「力を試そう、と思うな」(川島)

 13年6月、コンフェデ杯で対戦時、相手を格上に見過ぎたことが原因で受け身のサッカーになった。結果は0―3。川島は「サッカーは必ず強いチームが勝つとは限らない。経験を積む、という気持ちで臨むのはだめ」と心に刻んでいる。

武藤「仕掛けることで相手との技量差を測りたい」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース
武藤にとっては未知のレベルであるブラジル。しかし、相手も自分の特長を知らないという利点がある。

「まずは最初に仕掛けてみたい。失敗するにせよ、成功するにせよ、積極的に行かないで消極的に行ってしまうと、自分と相手との技量の差は測れない。そこは積極的に行くことで、感じたいと思っている」

 ジャマイカ戦では身体能力の高い相手DF陣に対して、フィジカル部分で負けたという反省があった。

「こないだはドリブルで相手の前にしっかり入り切れなかったので、後ろから来る選手に弾き飛ばされたりという部分があった。今回の相手もたぶんスピードはある。しっかり体を前に入れ切ってドリブルしないといけない」

細貝萌「まずは個のプレーに集中。どれだけ辛抱強くついていけるか」/日本代表 (ISM) - Yahoo!ニュース
●細貝萌コメント

「自分のイメージとしては、特に明日はボールを保持される時間がどうしても長くなってくると思うので、守備をしている時間が長いなかでのゲームコントロールが必要だと思う。スペースを埋めていくこと、守備をコンパクトにしていくこと、センターバックのラインを下げすぎないこととか辛抱強くやっていかないといけないのかなと思う」

Q:強いチームに勝てるようにしたいと言っていたが、どういうところにトライする?
「当然、まずは失点しないことが重要だけど、そういうなかでも失点してしまうことは当然あるなかで、まずは個のプレーに集中してやることが前提。その先にチームがあると思う。1対1でやられてしまうと、その先で2対2の状況だったのが1対2になるわけで、やはり個の能力は相手の方が高いと言われている選手たちなので、どれだけ辛抱強くついていけるかが守備の選手としては大切になってくる」

太田宏介「チャンスがあれば自分は前で勝負したい」/日本代表 (ISM) - Yahoo!ニュース
●太田宏介コメント

Q:ジャマイカ戦でプレーしたことで変わった部分もある?
「気持ち的にあそこで出ると出ないとで全然違ったと思うし、少し気が楽になった。雰囲気だったり、(ピッチの)中でしか味わえないことも分かったし、明日もしチャンスがあれば、いつもやっている感じでやれればいい」

Q:どういうプレーを出したい?
「まずはチームのやり方をしっかり守りながら、そのなかでチャンスがあれば自分は前で勝負したいし、クロスのところだったりを見てもらいたい。チームのやり方で戦いながらプラスアルファも出していければ」

柴崎岳「チームは個人に頼られるわけではない」/日本代表 (ISM) - Yahoo!ニュース
Q:警戒すべきポイントは?
「僕は(ブラジルと)対戦したことがないので、聞いた話でしかないけど、個々の能力は非常に高いし、みんながみんな仕掛けられる選手が揃っているので、粘り強い守備というか、ピッチコンディションも考えながら、守備の意識はジャマイカ戦よりさらに高めないといけないと思う」

Q:香川選手が離脱して不在になった部分、柴崎選手が攻撃のスイッチ役を担うこともある?
「チームは個人に頼られるわけではないので、チーム全体としてそういった意識を全体として持たないといけないと思う」

岡崎慎司「ネイマールとかはたぶんサボってくると思うし、俺らにはチャンスがあると思う」/日本代表 (ISM) - Yahoo!ニュース
Q:芝生の状態が悪いようだが?
「今までにないくらいやりづらい。僕は(2011年にW杯予選を戦った)タジキスタンの時以上だと思う、砂が多いから。そういう意味ではやわらかい分、しんどいと思う。ただ、それは言い訳にはできないと監督にも言われてるし、やっぱり自分たちがいかにいい距離感でチャレンジできるかだと思う」

Q:長友選手が失点を早くしたら相手にペースを握られるから0‐0か1‐0のような試合をしたいと言っていたが?
「特に今はそういう風に気を付けるように言われてるし、前回もクリアの数を見ても今までよりもリスクを負わずに、そうやって選手が個人個人考えてやる状況にあると思うので、ある意味、前とは逆というか、自分たちも受け身にならないようにしないといけないし、前回は自分たちが合わせていく形だったけど、今は個人個人が自分たちの判断でやっていかないといけないなと思う」

Q:ブラジルは新体制になってから無失点を続けているが?
「全体的に守るという感じだと思うし、言ってしまえば前4人で簡単に攻めてきて、あとは6人で守るという形だとは分析で言われてる。逆に言ったら、ネイマールとかはたぶんサボってくると思うし、俺らにはチャンスがあると思うので、そこでいかにダイナミックにミスを恐れずに前にパスを出していくかというのがポイントになると思う」

長友佑都「コンフェデのときの(内田)篤人のように」/日本代表 (ISM) - Yahoo!ニュース
Q:もしネイマールとマッチアップしたら?
「ブラジルは前の選手が流動的に動いてくるので、誰が相手になろうとしっかりとチームとしていい守備をして、個人としてももちろん1対1で負けないようにしたい。それだけですね、意識することは」

Q:(2013年6月の)コンフェデの時は内田選手がネイマールに粘り強く対応していたが?
「篤人があれだけ頑張ってくれて、コンフェデの時にも試合には負けはしたけど、あれだけ1対1で奮闘してくれればチームとしても心強いし、また活気も出てくると思うので、そういうのを信じてやりたい」

本田、今度こそ決める!5戦3発ドーム男 精度上がる“得意舞台” (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
本田は新潟合宿中に「やるからには勝ちたい。ジャイアントキリングになる可能性を探らないと」と力強く宣言。13日の試合会場での最終調整後はリラックスした表情で「お疲れさまです」とだけ言い残し、スタジアムを後にした。



©河童戦術 2014 | VeeThemes