ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

3月多摩川クラシコ0-4惨敗に見えたFC東京の未来

3月多摩川クラシコ0-4惨敗に見えたFC東京の未来

 河童戦術:河童論:日本代表:
3月多摩川クラシコ0-4惨敗に見えたFC東京の未来

河童論:日本代表:

東京は今季フィッカデンティ監督を招聘し、開幕から4-3-3の布陣を採用。日本人に合った、走るサッカーができる戦術で、最初に観た甲府戦ではかなりインパクトがあった。その時のツイート。



しかしなかなか結果が出ず、この川崎戦は4-4-2の形で臨んでいた。それでもいいところなく0-4という惨敗をすることになる。

F.C.TOKYO
4失点を喫した後には加賀が相手のファールを受けて首付近を傷め、ピッチへの復帰がかなわず。東がDFラインをカバーする形でそれでも反撃に臨もうとしたが、川崎の攻守に渡るスピードと勢いを食い止めることができず。ミスを突かれて失点を重ね、ふがいない完敗に終わった。

【マッシモ フィッカデンティ監督の会見要旨】
「開始直後はアグレッシブに戦い、3~4回チャンスも作った。しかし1点を相手にプレゼントした。その後もチームとして戦っていたが、2点目を許してしまうと試合は別のものになる。難しい状況になった。後半も一生懸命に走って頑張ったが、川崎のように前線のクオリティが高い相手に自分たちからゴールをプレゼントしてしまうと、本当に難しくなる。ファン・サポーターの皆さんには申し訳ない気持ちでいっぱい。ただ、選手たちはこういった経験からしか成長はできないし、クラブへの愛着という意味でもますます強くなると思う。選手たちはここから、必ず強い気持ちを示してくれると思っている」



普通に見ればただの惨敗である。ちらほらと新監督の手腕を問題視する声も聞かれ始めたところでの痛い敗北。しかし、そのとき河童さんが感じた印象は「まったく」違っていた。以下はその試合の時のツイート。


以上がこの試合でうけた印象である。このときのFC東京は、新しい戦術に戸惑い「頭で考えながら」ひとつひとつのプレーをやっていた。守備は機能せず、攻撃はノッキング。いいところなんてまるでない....と思ったひとは大勢いたのではないだろうか。

それでもこのとき、はっきりと「その先にあるサッカー」が見えていた。選手を代えずにピッチ上で次々と変化する布陣。全員が連動し、奪ってからの切り裂くようなカウンター。最後まで落ちない運動量。そして観ていて楽しいサッカー。

今のFC東京は開幕のころと比べると、まるで脱皮した蝶のよう。きっかけはW杯中断期間中でのチーム作りだろうか。1試合走り切れるコンディションと、考えなくとも体が反応できるほど浸透した戦術。まだまだ完成とはいえないが、「お客さんを呼べるサッカー」になってきたように見える。

そして、日本代表。今回(10月)の招集では最多となる4人がFC東京から選出された。しかし。まだまだこのクラブにはいい選手がいる。イチオシの米本をはじめ、高橋や河野もいつ代表入りしてもおかしくないほどのパフォーマンスを見せている。

あのとき。あの3月の惨敗に見えた輝き。

ようやく、FC東京が面白くなってきた。

©河童戦術 2014 | VeeThemes