ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

香川真司のモイーズ批判は誤報?これまでの経緯まとめ

香川真司のモイーズ批判は誤報?これまでの経緯まとめ

 河童戦術:ドルトムント:ユナイテッド:河童論:香川真司:
香川真司のモイーズ批判は誤報?これまでの経緯まとめ

ドルトムント:ユナイテッド:河童論:香川真司:

香川真司の『Sport Bild』でのドイツ語のインタビューが面白おかしく翻訳され世界中に出回り、さらにそれに釣られ日本語に訳した記事が登場.....

まず、本当にインタビューをおこなった『SportBild』の記事はこちら(抜粋)


Kagawa im Interview: „Mein Herz war ohnehin immer beim BVB“ - BORUSSIA DORTMUND - SPORT BILD online
Kagawa weiter: „Ich will grundsätzlich natürlich alles gewinnen, das ist mein Naturell. Aber wir haben auch die Voraussetzungen, die Spieler und einen Trainer, mit denen man Titel holen kann. Allerdings muss man sagen, dass wir diese bei Manchester auch hatten und es trotzdem nicht funktioniert hat. Es muss eben eine Menge zusammenpassen. Ich bin der Überzeugung, dass dies hier absolut möglich ist.“

Auf die Frage, ob seine Rückkehr zum BVB war, als würde man wieder nach Hause kommen, antwortete der Japaner: „Ich weiß nicht, ob das der richtige Ausdruck ist. Aber meine Entscheidung war klar: Ich wollte zurück zum BVB, nur zum BVB! Und ich will mit diesem Verein wieder Erfolge feiern – mit keinem anderen. Jeder weiß, dass gerade mein zweites Jahr bei Manchester United schwierig war. Der Trainer hat nicht wirklich auf mich gesetzt, es lief für die Mannschaft nicht so gut. Umso mehr freue ich mich, wieder hier zu sein. Mein Herz war ohnehin immer beim BVB.“




《ドイツの反応》 香川・マンチェスター時代を語る 最新インタビュー① - ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

《ドイツの反応》 香川・マンチェスター時代を語る 最新インタビュー② - ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

このドイツ語の記事を英国各紙が翻訳して報道。


Shinji Kagawa says former Manchester United boss David Moyes could not rely on him | Football News | Sky Sports
He told reporters: "My decision was clear, I wanted to return to Borussia Dortmund and only to Borussia Dortmund.

"I want to achieve success with this club again, and with no other.

"Only facts matter in football, stats, goals, assists, titles, and a lot was missing in this regard.

"That was probably why they no longer included me in their plans.

"Everybody knows that my second year at Manchester United was particularly difficult.

"The manager did not really count on me, and the team was also on a bad run.

"That means I am all the more delighted to be back. My heart had remained at Borussia Dortmund anyway."


Kagawa: My heart was always in Dortmund - Manchester Evening News
Shinji Kagawa says he had to leave Manchester United after a 'particularly difficult' season during which David Moyes 'did not count on him'.

The Japanese midfielder was signed by Sir Alex Ferguson in the summer of 2012.

But the 25-year-old struggled to hold down a regular place under Moyes after he took over a year later, prompting a move back to Germany with former club Borussia Dortmund.

Kagawa said: "My decision was clear, I wanted to return to BVB and only to BVB.

"I want to achieve success with this club again, and with no other.

"Only facts matter in football, stats, goals, assists, titles, and a lot was missing in this regard.

"That was probably why they no longer included me in their plans.

"Everybody knows that my second year at Manchester United was particularly difficult.

"The manager did not really count on me, and the team was also on a bad run.

"That means I am all the more delighted to be back. My heart had remained at BVB anyway."


ここでドイツ語→日本語ではなく、なぜかドイツ語→英語→日本語という翻訳を日本のZONEというサイトが掲載。


香川のドルトムント移籍はマンU・モイーズ元監督の起用法が発端!? 「監督は僕を全く信頼していなかった」 | SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ
「僕の心はいつもドルトムントにあった」

ドルトムントMF香川真司が移籍市場閉幕直前にマンチェスター・ユナイテッドから移籍した理由として、昨季チームの迷走の元凶となったデイビッド・モイーズ元監督の起用法があったと分析している。英夕刊紙マンチェスター・イブニング・ニュースが「香川、僕の心はいつもドルトムントにあった」との見出しで特集している。

 香川は2012年夏、偉大なる名将、サー・アレックス・ファーガソンに請われてドルトムントからマンUに移籍。だが、移籍1年目の終わりにファーガソン監督が勇退し、逆風が吹き荒れた。

「僕の決心は明確でした。ボルシア・ドルトムントに戻りたかった。ドルトムントだけに。このクラブで何かを成し遂げたい。他のクラブではない」

 香川は同紙にそう語ったという。

 同時に、マンUでの苦闘の日々を振り返っている。

「サッカーの世界では結果、ゴール、アシスト、タイトルがものをいう。この点では足りなかった。これが彼ら(マンチェスターU)の計画に僕が含まれていなかった理由かもしれない。誰もが知っていると思うけれど、マンUでの2年目は特に苦しかった。監督は僕を全く信頼していなかった。そしてチームも不調だった」


なにかがおかしい。

まず、ZONEさん。『香川は同紙にそう語ったという。』はどういう意味ですか(失笑)。そんな文章は引用元にはありません。しかも語ったのは同紙(マンチェスターイブニングニュース)ではなくSPORTBILDです。まずそこが間違ってますね。

あとモイーズ批判をしたとされる文章ですが、

ドイツ語:Der Trainer hat nicht wirklich auf mich gesetzt
→英語:The manager did not really count on me
→翻訳:監督は僕を全く信頼していなかった

どんどんおかしくなってるんじゃ....「信頼」ってどっから出てきたんですかねえ。普通に「使わなかった」や「構想に入ってなかった」というニュアンスで報道すればよかったのでは?別にモイーズを直接批判しているわけでもないし、「昨季チームの迷走の元凶」という派手な論調でモイーズを叩く必要があったのだろうか...


あと「僕の心はいつもドルトムントにあった」ですけど、これはニュアンス的には「もしユナイテッドを去らなければならないのなら、行き先はドルトムントがよかった。そういう意味では心のどこかに常にBVBがあった」という感じかな?


最後に。

このブログでも何度か書いてますけど、本当に「見る側の眼」が必要な時代。こんな記事が平気でヤフーのトップニュースになってたりしますので。


古巣復帰の香川「帰る場所はドルトムントだけ」…タイトル獲得へ意欲 – サッカーキング

©河童戦術 2014 | VeeThemes