ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

アギーレジャパンの船出となるウルグアイ戦の日本代表先発メンバー予想

アギーレジャパンの船出となるウルグアイ戦の日本代表先発メンバー予想

 河童戦術:河童論:
アギーレジャパンの船出となるウルグアイ戦の日本代表先発メンバー予想

河童論:

いよいよ9月5日の札幌ドームから、ロシアW杯へ向けた日本代表がスタートする。とりあえず年内開催の試合ではいろいろな選手を招集して試していくことになるだろう。よって、今回選ばれたからといって次も呼ばれる保証はまったくない。逆に今回は見送られた選手でも、すぐに招集される可能性もある時期。とにかく所属クラブでどれだけアピールができるのか。とりあえずアギーレは、来年開催のアジアカップへ向けたチーム作りに専念することになるだろう。

今回は、アギーレジャパン初戦となるウルグアイ戦での先発メンバーを予想してみる。まあここで先発だからといって特にメリットはないのだが、お遊びだと思ってお付き合いいただきたい。なお、布陣は4-1-2-3で予想。


GKはとりあえず川島。とりあえずというのは、総合的な能力では現時点で日本NO1のGKで間違いないだろうけど、今後はどうなるかわからない。もちろん年齢的な問題もあるのだが、彼はフィード力という部分に関してはあまり得意ではない。アギーレがGKも組み立てに参加させるような戦い方を採用するのであれば、ファーストチョイスは西川になるかもしれない。

CBは森重と吉田。このポジションに関しては彼らを脅かすほどの選手があまり見当たらない。世界的に見れば少し厳しいところもあるのだが、とりあえず4バックを採用するのであればこの2人だろうなあ...日本の若手CBのみなさんは、他のポジションに比べてチャンスが多いはずなので奮起に期待。

SBは長友と酒井宏樹。これには理由があって、もしアギーレが3バックと4バックを併用していくのであれば「ウィングバック」を経験している選手の方が使いやすい。サイドバック王国と言われそうな日本代表のサイドバック。このポジションは今後もハイレベルな競争が続きそうだ。

アンカーは細貝。ザックがなぜ彼を外したのかが未だに謎なのだが、彼ほどの潰し屋はそうそういないはず。あと、このポジションにはできればCBの経験も欲しいのだが...

バランスをとるのは長谷部と柴崎。長谷部に関しては別メニューで調整中との情報なので先発かは微妙なのだが、コンディションさえ大丈夫ならとりあえず先発で使うのではないだろうか。ここにいきなり若手を使うのはチームとしても危険なため、まずは経験豊富な長谷部でチームをスタートさせる可能性は高い。

そして柴崎岳。今後の4年間は彼が日本代表の中心選手となるだろう。視野の広さやパスセンス、ポジショニングの良さだけではなく、彼には守備での期待もできる。日本代表はサイドバックが高い位置をとり、その空いたスペースを起点にカウンターを発動されることが多い。しかし柴崎がいることで、その部分の穴は改善されるのではないだろうか。そして彼には「動じない心の強さ」もある。遠藤が自分の後継者と話したほどの素材。

右WGは本田圭佑。本田はACミランで右WGをやっているため代表でもそこで使われる可能性は高い。ちなみに河童さんは本田の右サイド起用を数年前から予想していた。「本田は右サイド」なんて最初に言ったときは某掲示板の本田スレに晒されるほど理解されなかったのだが、今なら共感してくれる人もいるのではないだろうか。

左WGは武藤と予想。いや...本当に武藤くんが先発するとはあまり思ってないのだが、ここはずっと武藤の日本代表入りを予想していた河童さんとしては外すわけにはいかない。彼には実力もあるが「運」もある。噂ではどこかの誰かが怪我で来れなかったための代わりと聞いている。そんなときこそ彼の「運」が発揮されるのではないだろうか。

最後にCFは岡崎。普通に考えたら岡崎が左WGでCFは大迫とか予想しそうだけど、岡崎である。彼はウィングで活躍して今の地位を築いたわけではない。彼はセンターフォワードの選手なのだ。エースストライカーでありファーストディフェンダー。


というわけで11人の先発予想をやってみた。もちろんフル出場する選手はほとんどいないだろうし、まだまだチームを固める時期でもない。しかし、この試合でアギーレがこの先どういう戦い方をするのかという「ヒント」は得ることができるはずだ。


追記

残念ながら長谷部さんは怪我のため代表を離脱しました....


©河童戦術 2014 | VeeThemes