ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

プレミア第2節サンダーランドvsユナイテッドの感想。今のユナイテッドからは王者の貫録はおろかビッグクラブとしての風格すら感じ取ることは難しい

プレミア第2節サンダーランドvsユナイテッドの感想。今のユナイテッドからは王者の貫録はおろかビッグクラブとしての風格すら感じ取ることは難しい

 河童戦術:サンダーランド:プレミアリーグ:ユナイテッド:河童眼:
プレミア第2節サンダーランドvsユナイテッドの感想。今のユナイテッドからは王者の貫録はおろかビッグクラブとしての風格すら感じ取ることは難しい

サンダーランド:プレミアリーグ:ユナイテッド:河童眼:




前半開始

ユナイテッドはこの試合も3バックで臨む。7人が離脱しておりなかなか後ろのメンバーは揃っていない状況だが、前線ではファンペルシーが復帰したのは大きい。

前半15分経過

立ち上がりからバックラインはドタバタしている。フレッチャーとクレヴァリーのボランチはおそらくファンハールのファーストチョイスではないだろう。本来ならキャリックとエレーラだろうか。そしてフェライニも怪我で離脱。苦しいやりくりが続いている。

16分
サンダーランド 0-1 ユナイテッド
バレンシアからのクロスを中央でマタが決めてユナイテッドが先制!!やはりファンハールのトップ下はトップ下ではなくシャドーストライカーとしての役割だろう。つまり3-5-2ではなく3-4-3という見方の方が正しそうだ。

前半30分
サンダーランド 1-1 ユナイテッド
コーナーキックから頭で決められ同点。ちょっと「ユナイテッドらしさ」というものはこのチームから見られない。王者の貫録は消え去ったのか...?

前半44分
スモーリングが交代。キーンが投入される。アクシデントか?(どうやらハムストリングの負傷で故障者リスト入りとのこと。長期離脱の可能性もある)

前半終了
サンダーランド 1-1 ユナイテッド

この試合から復帰したファンペルシーだが、この前半ではあまり目立った活躍はできていなかった。調整が遅れている選手だけに、これから徐々に上がっていく予定ではあるが...しかしスペ体質でもあるため、このまま調子があがらない可能性もある。

そして守備に関しては本当に問題が山積み状態。ボランチ、WB、CBでワールドクラスといえる選手はほとんどいない。とにかく前線よりも後ろの選手の補強を急ぐべきだと思うのだが。オンターゲットはサンダーランドが2本、ユナイテッドが1本。

後半開始

ユナイテッドのセンターバックがとても若い。ブラケット20歳。ジョーンズ22歳。キーン21歳。昨年まではベテランすぎて問題だったけど、いきなり若返りすぎ...

60分経過

ユナイテッドはボールを保持するもフィニッシュまではなかなかいかない。中央を崩せず結局サイドからのクロスとなり繋がらない。攻めの形が見えないというのも厳しいなあ。

63分
ファンペルシとフレッチャーを下げてヤヌザイとウェルベックが投入された。残念ながら香川真司は今日も出番なし。どうやらヤヌザイがボランチのポジションをやるらしい。

75分経過

ボランチにはいったヤヌザイがいきなり致命的なミス。低い位置でボールを奪われ運ばれる。それでもなんとか自分でコーナーキックへ逃れるもどうなんだこれ。クレヴァリーとヤヌザイのダブルボランチ。

そして、そんなヤヌザイを出場させ香川真司の出番はなし。これではマタが怪我をしてエレーラがボランチで出場しているときくらいしか出場するチャンスがないのでは...

試合終了
サンダーランド 1-1 ユナイテッド

サンダーランドとしては狙い通りの引分け。しっかりと守備を固めて、ホームとはいえユナイテッドから勝ち点を奪えたということだけでも上出来だろう。まあ今のユナイテッドであれば勝利を狙ってもおかしくないけど。

ユナイテッドは本当に厳しい。たとえディマリアが加入したとしても本当に補強すべきポイントはまったく埋まっていない。前線は動き出しが少なく停滞。攻めあぐねて結局サイドからのクロスで終わってしまう攻撃。平均年齢21歳くらいのCB陣。クレヴァリーとヤヌザイのダブルボランチなど...

今のユナイテッドからは王者の貫録はおろか、ビッグクラブとしての風格すら感じ取ることは難しい。ここからどう立て直していくのか。ファンハールがどうという問題だけではないだろうが、かなり厳しい状況に追い込まれている。


©河童戦術 2014 | VeeThemes