ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

プレミア第2節エヴァートンvsアーセナルの感想。アーセナルが試合終了間際で追いつく

プレミア第2節エヴァートンvsアーセナルの感想。アーセナルが試合終了間際で追いつく

 河童戦術:アーセナル:エヴァートン:プレミアリーグ:河童眼:
プレミア第2節エヴァートンvsアーセナルの感想。アーセナルが試合終了間際で追いつく

アーセナル:エヴァートン:プレミアリーグ:河童眼:


前半開始

開始8分でピーナールがピッチ上に座り込む。アクシデントで交代することに。オズマンが投入される。これは痛い。

前半15分経過

アーセナルはスピードを警戒してライン設定を低めにしている。エヴァートンのスピードはやはり脅威なのだろう。あと、ワイドの深い位置をしっかり見ていないと、前回と同じように崩されそう。

前半19分
エヴァートン 1-0 アーセナル
セットプレーからの流れでアーセナルはオフサイドトラップに失敗しフリーな選手を作ってしまう。それをコールマンが頭で冷静に合わせて先制。

前半30分経過

ここまでの両チームのパスマップを比較してみる。最終的にどこを崩したいのかが見て取れるかも。とくにエヴァートンは特徴が出ているように思う。

前半45分
エヴァートン 2-0 アーセナル
ルカクの驚異的なボール保持からドリブルで駆け上がりスルーパス。それを落ち着いてネイスミスが決めてアーセナルを突き放した。ルカクがとにかくすごい。

前半終了
エヴァートン 2-0 アーセナル

今回も「また」ルカクを抑えることができないアーセナル。メルテザッカーが吹っ飛ばされたのもあるし、最後のスルーパスはオフサイドっぽかったけど...それにしてもやはりいつものメンバーがいないことが影響しているのでは。

後半開始

アーセナルはサンチェスに代えてジルーを投入。これで立て直せるか注目。しかし河童さんの眼にはそこよりも中盤の作り方に問題があるように見えるのだが...

60分経過

後半に入ってからアーセナルは多少よくなった感じもするが、試合自体が荒れてきた。ウィルシャーがひどい。いくらプレミアリーグだからといっても、もう少し考えてプレーしてほしいところ。ただ、悪い面も目立ったが、ジルーが入ってからは彼のいいところも見えてきた。

75分経過

ここでアーセナルは2枚代え。本当はあまり使いたくなかったであろうカソルラを使ってきた。エヴァートンはルカクがお役御免で交代。マクギーディが投入された。

83分
エヴァートン 2-1 アーセナル
カソルラがサイドから低いクロスを送りラムジーが合わせて1点差に。アーセナルは前半の低調ぶりが本当にもったいない。

90分
エヴァートン 2-2 アーセナル
ジルーが決めた!!まさかの0-2からの同点劇。エヴァートンは2点を守り切ろうとしていたのだが失敗してしまった。ジルーが入って後半のアーセナルは変わった。さらにカソルラが入ったことでもさらによくなった。

試合終了
エヴァートン 2-2 アーセナル

後半から主力を出してきたアーセナルが同点になんとか追いつくことに成功。しかしCLプレーオフに向けては不安を残すこととなってしまった。あとやはりいつもの固定メンバーならいい試合ができるのに、それ以外の選手と組み合わせるといいプレーができなくなってしまう。試合数が多いクラブだけに、そこは監督の手腕でなんとかできないものか。

エヴァートンだが、前半は素晴らしかった。アーセナルを圧倒していたと言っていい内容だった。しかしそこで得た2点のリードを守りきれず。やはり交代が裏目に出てしまったのか。あとは守備が緩くなった時にピッチ上で締め直すことの出来る選手が育ってほしい。


©河童戦術 2014 | VeeThemes