ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

アルジェリアでカメルーン人選手が試合終了後に観客席から石のような物を投げつけられ直撃し死亡

アルジェリアでカメルーン人選手が試合終了後に観客席から石のような物を投げつけられ直撃し死亡

 河童戦術::
アルジェリアでカメルーン人選手が試合終了後に観客席から石のような物を投げつけられ直撃し死亡


カメルーン人のサッカー選手アルベルトエボッセ(Albert Ebosse)(24歳)が、8月23日(土)に開催されたアルジェリアリーグの試合終了後に観客席から石のような物を投げられ頭部に直撃し、その後病院で死亡が確認されたとのことだ。BBCなど複数のメディアが伝えている。

JSカビリー(JS Kabylie)というアルジェリアリーグの強豪クラブに在籍していた彼は、この試合でゴールを決めていた。しかしチームは1-2で敗戦。試合後、観客席からいろいろな物がピッチ内へ投げ込まれ、控室へ戻ろうとしていたエボッセ選手を直撃。その後病院へ搬送されたが数時間後に死亡が確認された。

エボッセ選手だが、昨季からクラブへ加入し、昨季はリーグ戦で得点王となっていた。この件に関してアルジェリア内務省がクラブへ調査を命じたとのこと。



アフリカサッカー連盟会長は声明を発表し、暴力を非難した。

"My thoughts go out to the family and friends of this young man who enjoyed his job peacefully and went further to pursue his passion for football abroad," wrote Hayatou.
He added: "African football cannot be the breeding ground for hooliganism whatsoever. We expect exemplary sanctions to be taken against this grave act of violence."

参考元:BBC
アフリカサッカー連盟

©河童戦術 2014 | VeeThemes