ご案内:このたび河童戦術ブログのサッカーの話題は新しいブログへ移転いたしました。今後とも河童戦術を宜しくお願いいたします。 http://kappa.blog/about

プレミアリーグがゴール動画などのネット投稿を禁止する方針とのこと。人気のサッカー関連アカウントは閉鎖されることになるかもしれません。

プレミアリーグがゴール動画などのネット投稿を禁止する方針とのこと。人気のサッカー関連アカウントは閉鎖されることになるかもしれません。

 河童戦術:河童論:
プレミアリーグがゴール動画などのネット投稿を禁止する方針とのこと。人気のサッカー関連アカウントは閉鎖されることになるかもしれません。

河童論:


英プレミアリーグ、ゴールの瞬間のネット投稿を禁止へ

W杯の間は、TwitterやVineで数々の名シーンがポストされ、シェアされて広がりました。ゴールの瞬間をVineの無限ループで見るのは実に楽しく、たくさんの投稿がなされました。が、その流れに待ったをかけているのが、イギリスのプレミアリーグです。

プレミアリーグの広報担当であるDan Johnson氏が、ネタ元のBBC Newsbeatにて以下のようにコメントしています。「これは著作権の侵害にあたり、ファンの皆さんにはこういった行為をしないよう呼びかけていきます。今後は、GIF、Vine、Twitterなどのクローラを開発し、チェックしていく方針です」この流れで、VineやTwitterの人気のサッカー関連アカウントは閉鎖されることになるかもしれません。

全文はこちら


河童論

この件に関しては、自分もよくVineの動画などをツイートしていることもあり取り上げてみます。

現状、プレミアやブンデス、セリエ、リーガBBVAなどは、ゴールが決まってから30秒~1分後にはネット上に動画が出回り数分で世界中に拡散されている。そして動画だけではなく画像も試合中に撮影された写真も数秒で世界中に広まっている。さらに画像ではいわゆる「風刺」のコラ画像が数分で作成され瞬く間にみなさんのツイート上に流れている現状。もちろんこれは著作権の侵害であり「いけないこと」である。

ではこういうものを一切排除した場合どうなるのだろうか。ネット上、ソーシャル上から著作権を侵害した画像や動画がすべてなくなったら....

実際、河童さんがJリーグの話題を書くときはそうなっているかも。画像は一切なし。動画も載せず文字だけで試合についてを書いている。実はゴール動画を即座に配信しているサイトはある。しかしそこから他のサイトへ埋め込むことはできないようになっている。画像もほとんど出回ることはない。どこを見ても延々と文字だけ。さらにJリーグの公式ハイライトは「日本国内だけ」見れないように規制をしていたり。Jを話題にしようとすると、高確率で「なんでやねん」という状況にでくわす。

対して、プレミアリーグなどのときはまったく違う書き方になる。画像は公式サイトのアカウントや英紙サイト、その他さまざまなところから瞬時に大量の画像が出回るため、それを拝借して試合の状況をツイートしている。ゴールが決まれば数十秒で動画が出回り共有している。ネタに困ることはない。

もちろん著作権を保護するということは大事だし、ごもっともである。けどね...

これは河童さんの意見なのだが、そういうVineや試合ハイライトの動画などでゴールシーンが見れなくなったから「じゃあCS契約しよう」と考えるひとは、いったいどれだけいるのだろうか。もちろんそういうひとはいるだろう。しかしそれよりも、これまで興味をもっていなかった層が「サッカーの話題に触れる」機会というのは格段に減るのではないか。音楽業界などを見ているとそんな気がしてくるのだが...

これも個人的な意見だが、Vineなどのような動画よりも、まず規制すべきは「違法視聴」ではないだろうか。現状はストリーミング配信など無料で世界中のサッカーを見ることが簡単にできてしまっていて、そちらのほうが問題のような気もする。

というわけで、ある日突然アカウントが凍結しているかもしれませんがご了承くださいませ。


©河童戦術 2014 | VeeThemes